研究成果

In vivo accumulation of plastics-derived chemicals into seabird tissues

Tanaka K, Watanuki Y, Takada H, Ishizuka M, Yamashita R, Kazama M, Hiki N, Kashiwada F, Mizukawa K, Mizukawa H, Hyrenbach D, Hester M, Ikenaka Y, Nakayama SMM. In vivo accumulation of plastics-derived chemicals into seabird tissues. Current Biology, 30(4), 723-728. (2020/1/30)
https://doi.org/10.1016/j.cub.2019.12.037

ニュース 過去の記事

  1. 近年地球温暖化、気候変動という言葉が頻繁に聞かれるようになりました。
  2. 当センターのHAI-FESプロジェクトが主催する「第2回HAI-FES国際ワークショップ Build...
  3. 2024年2月5日から7日にかけて、当センターの Irene Alabia 研究員がアラスカ大学フェ...