研究成果

In vivo accumulation of plastics-derived chemicals into seabird tissues

Tanaka K, Watanuki Y, Takada H, Ishizuka M, Yamashita R, Kazama M, Hiki N, Kashiwada F, Mizukawa K, Mizukawa H, Hyrenbach D, Hester M, Ikenaka Y, Nakayama SMM. In vivo accumulation of plastics-derived chemicals into seabird tissues. Current Biology, 30(4), 723-728. (2020/1/30)
https://doi.org/10.1016/j.cub.2019.12.037

ニュース 過去の記事

  1. 5月15日(水)、新たに着任されたクリスティン・イグルム 駐日ノルウェー大使によるARC表敬訪問をお...
  2. 2024年7月9日、北海道大学公共政策大学院と北海道大学北極域研究センター共催のセミナーで、ラップラ...
  3. 2024年7月8日(月)、カナダ大使館のクリスティン・ギルボー政治経済部一等書記官が北極域研究センタ...