国際共同研究

国際共同研究を推進するため国際ネットワークの拡大に努めています。平成28年8月1日のアラスカ大学フェアバンクス校国際北極圏研究センターとの部局間協定を締結しました。平成28年10月31日にロシア連邦サハ急和国ヤクーツクの北東連邦大学、ロシア科学アカデミー北方圏生物問題研究所と当センター間での日露ジョイント・リサーチ・ラボ(以下ラボ)の設置に関わる協定を締結しました。そのほか平成29年度も部局間協定の締結先を増やしています。このラボを利用したJ-ARC Netの人材育成プログラムの一環でウインタースクールも平成29年3月、平成30年2月と継続して開催しています。今後はこのような活動も生かして当センターの国際的な教育・研究ネットワークのハブ機能も強化して行きます。  現在推進している国際共同研究は以下のものがあります。

北極域研究加速プロジェクト(ArCS II)

ESSAS(Ecosystem Study of Sub-Arctic and Arctic Seas)

Horizon 2020

ニュース 過去の記事

  1. デンマーク・グリーンランド地質調査所がリードする共同研究の成果が出版されました。
  2. 兼務教員ラルフ・グレーベと研究員クリス・チャンバースによる、グリーンランド氷床底面の巨大河川に関する...
  3. ArCS II若手人材海外派遣プログラム 2020年度 派遣支援の募集を開始しました。