国際共同研究

国際共同研究を推進するため国際ネットワークの拡大に努めています。平成28年8月1日のアラスカ大学フェアバンクス校国際北極圏研究センターとの部局間協定を締結しました。平成28年10月31日にロシア連邦サハ急和国ヤクーツクの北東連邦大学、ロシア科学アカデミー北方圏生物問題研究所と当センター間での日露ジョイント・リサーチ・ラボ(以下ラボ)の設置に関わる協定を締結しました。そのほか平成29年度も部局間協定の締結先を増やしています。このラボを利用したJ-ARC Netの人材育成プログラムの一環でウインタースクールも平成29年3月、平成30年2月と継続して開催しています。今後はこのような活動も生かして当センターの国際的な教育・研究ネットワークのハブ機能も強化して行きます。  現在推進している国際共同研究は以下のものがあります。

北極域研究加速プロジェクト(ArCS II)

ESSAS(Ecosystem Study of Sub-Arctic and Arctic Seas)

Horizon 2020

ニュース 過去の記事

  1. 今年9月中旬以降、北海道の太平洋沿岸でウニやサケが大量に死んでいるのが発見されていますが、その原因と...
  2. 詳しくはこちらをご覧ください。
  3. 当センターが後援する、第14回極域法国際シンポジウム(The 14th Polar Law Symp...