研究成果

Future Arctic utilizazion Interpretive Structual Modelling (ISM) approach

Natsuhiko OTSUKA, Eisaku NAKAMURA, Akira MORIKI and Juha SAUNAVAARA. Future Arctic utilization Interpretive Structural Modelling (ISM) approach. The 35th International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Oceans,P131-134. (20200216)

ニュース 過去の記事

  1. PICES(北太平洋海洋研究機関)の季刊ニュースレターPICES Pressの2021年冬号に齊藤研...
  2. 詳しくはこちらをご覧ください。
  3. 2021年度 北極域研究共同推進拠点 研究者コミュニティ支援事業、 及び産学官連携支援事業にかかる公...