研究成果

Future Arctic utilizazion Interpretive Structual Modelling (ISM) approach

Natsuhiko OTSUKA, Eisaku NAKAMURA, Akira MORIKI and Juha SAUNAVAARA. Future Arctic utilization Interpretive Structural Modelling (ISM) approach. The 35th International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Oceans,P131-134. (20200216)

ニュース 過去の記事

  1. 当センターの齊藤誠一研究推進支援教授(北海道大学名誉教授)が2024年4月24日~26日に東京ビッグ...
  2. 当センターの安成哲平准教授・ディスティングイッシュトリサーチャー、東京大学の成田大樹教授、九州大学の...
  3. 当センターの帰山雅秀研究員(北海道大学名誉教授)が4月26日金曜日放送の「北海道道」に出演いたします...