研究成果

Spatial variations in larch needle and soil δ15N at a forest–grassland boundary in northern Mongolia.

Lei Fujiyoshi, Atsuko Sugimoto, Akemi Tsukuura, Asami Kitayama, M. Larry Lopez Caceres, Byambasuren Mijidsuren, Ariunaa Saraadanbazar and Maki Tsujimura.(2016)Spatial variations in larch needle and soil δ15N at a forest–grassland boundary in northern Mongolia. Istopes in Health and Environmental Studiesd, 52.

ニュース 過去の記事

  1. 近年地球温暖化、気候変動という言葉が頻繁に聞かれるようになりました。
  2. 当センターのHAI-FESプロジェクトが主催する「第2回HAI-FES国際ワークショップ Build...
  3. 2024年2月5日から7日にかけて、当センターの Irene Alabia 研究員がアラスカ大学フェ...