研究成果

石狩低地帯北部における先史・古代の植物利用―札幌市域における炭化種子・土器圧痕の検討―

榊田朋広, 高瀬克範. 石狩低地帯北部における先史・古代の植物利用―札幌市域における炭化種子・土器圧痕の検討―. 日本考古学, (48), 1-19. (2019/5/10)

ニュース 過去の記事

  1. 近年地球温暖化、気候変動という言葉が頻繁に聞かれるようになりました。
  2. 当センターのHAI-FESプロジェクトが主催する「第2回HAI-FES国際ワークショップ Build...
  3. 2024年2月5日から7日にかけて、当センターの Irene Alabia 研究員がアラスカ大学フェ...