研究成果

Multi-year effect of wetting on CH4 flux at taiga–tundra boundary in northeastern Siberia deduced from stable isotope ratios of CH4

Shingubara, R., Sugimoto, A., Murase, J., Iwahana, G., Tei, S., Liang, M., Takano, S., Morozumi, T., Maximov, T.C., Multi-year effect of wetting on CH4 flux at taiga–tundra boundary in northeastern Siberia deduced from stable isotope ratios of CH4, Biogeosciences, 16, 3, 755–768, doi: 10.5194/bg-16-755-2019, 20190211

ニュース 過去の記事

  1. 以下の通り、ArCSテーマ7総括シンポジウム 北極の人間と社会:持続的発展の可能性を開催いたします。
  2.  2020年1月20日から1月24日まで東京で開催されている“The joint PI meetin...
  3. 以下の通り、国際セミナーを開催します。