研究成果

Multi-year effect of wetting on CH4 flux at taiga–tundra boundary in northeastern Siberia deduced from stable isotope ratios of CH4

Shingubara, R., Sugimoto, A., Murase, J., Iwahana, G., Tei, S., Liang, M., Takano, S., Morozumi, T., Maximov, T.C., Multi-year effect of wetting on CH4 flux at taiga–tundra boundary in northeastern Siberia deduced from stable isotope ratios of CH4, Biogeosciences, 16, 3, 755–768, doi: 10.5194/bg-16-755-2019, 20190211

ニュース 過去の記事

  1.  北極域研究センターが中心に2015年から実施してきましたベルモント・フォーラム2014年CRA(国...
  2.  2020年4月27日~29日にオンラインで第5回WGICA(中央北極海における統合的な海洋生態系ア...
  3. 政府からの緊急事態宣言を受け、4/20(月)本学の行動指針レベルが「大」となりました。