研究成果

Future scenarios for Arctic 2050

Taro OSABE, Jun FUKUDA, Toshihiko HARA, Fujio OHNISHI, Natsuhiko OTSUKA,Sei-Ichi SAITOH,Atsuko SUGIMOTO, Minori TAKAHASHI, Masato TANAKA,Shingo TANAKA and Hiroyuki YASUNAGA(2018). Future scenarios for Arctic 2050, Proc., 33rd Intl. Symp. on Okhotsk Sea and Polar Oceans, pp.**-**

ニュース 過去の記事

  1. 今週、Nature Podcast では、当センターのポドリスキ助教がグリーンランド氷河の麓で地震の...
  2. American Geophysical Union(AGU)は、当センターのポドリスキ助教による以...
  3. 当センターのポドリスキ助教らの研究グループの海底地震計を使って氷河の流動を検出する研究に関する記事が...