陸圏研究グループ

北極域陸圏において生物と環境の相互作用を調べ、地球環境へ与える影響やシステムを解明する。
すなわち、炭素・水循環や永久凍土の現地調査を行うと共に、大型哺乳類、魚類や、植物の移動分散や遺伝的多様性、自然災害との相互作用等を明らかにする。また、火山活動や地震の観測から発生原理を明らかにし、その予測と防災情報の提供を検討する。

メンバー一覧

   

氏名 所属・職
グループ長 杉本 敦子 北極域研究センター・教授
副グループ長 露崎 史朗 地球環境科学研究院・教授
増田 隆一 理学研究院・教授
古屋 正人 理学研究院・教授
日置 幸介 理学研究院・教授
鄭 峻介 北極域研究センター・博士研究員
宮本 裕美子 北極域研究センター・博士研究員
鷹野 真也 北極域研究センター・学術研究員
早坂 洋史 北極域研究センター・研究員
知北 和久 北極域研究センター・研究員
川崎 昌博 北極域研究センター・研究員
岩花 剛 北極域研究センター・海外研究員

ニュース 過去の記事

  1. 以下の通り、ArCSテーマ7総括シンポジウム 北極の人間と社会:持続的発展の可能性を開催いたします。
  2.  2020年1月20日から1月24日まで東京で開催されている“The joint PI meetin...
  3. 以下の通り、国際セミナーを開催します。