研究部

大気圏・水圏研究グループ

【海氷、海洋、海洋生態系、海洋酸性化、気象、気候】
船舶調査や海底設置ソナーなどを活用し、北極海と周辺海域における海流と海氷の特性と動態を明らかにし、気候変動に与える影響を予測する。…> 詳しくはこちら

陸圏研究グループ

北極域陸圏において生物と環境の相互作用を調べ、地球環境へ与える影響やシステムを解明する。すなわち、炭素・水循環や永久凍土の現地調査を行うと共に、大型哺乳類、魚類や、植物の移動分散や遺伝的多様性、自然災害との…> 詳しくはこちら

雪氷圏研究グループ

【グリーンランド、氷河氷床、氷コア、気候変動】
グリーンランドを中心とした北極域の氷河氷床を研究対象として、現地での直接観測のほか、人工衛星データ、数値モデルを活用した変動解析や将来…> 詳しくはこちら

環境工学研究グループ

【北極航路、寒冷地インフラ、社会実装】
変貌しつつある北極環境のもと、新たに生まれ始めた北極の多様な利用可能性と、北極の持続的利用実現のための技術を主題に研究を展開する。研究対象…> 詳しくはこちら

人文社会科学研究グループ

気候変動や北極圏の利用促進などが北極圏の住民生活に与える影響を評価する。これらの影響をコントロールするための国際的なルール作りや法制度の検討を行い、先住民を含む地域ステークホルダーと一体となった、課題解決型…> 詳しくはこちら

衛星観測・モデリング研究グループ

リアルタイムの衛星観測手法や可視化方法の開発を行い、北極域のビッグデータ科学へ挑戦する。衛星データを利用したデータ同化システムや将来予測モデル に関するイノベーティブな研究開発をおこない、将来予測をもとに…> 詳しくはこちら

ニュース 過去の記事

  1. 当センターの安藤卓人博士研究員が、2018年度地球環境史学会年会で優秀発表賞を受賞しました。
  2. ArCSテーマ6の北海道大学水産科学研究院 阿部泰人助教が「PICES(北太平洋海洋科学機構)年次総...
  3.  10月25日から11月4日まで横浜市ワークピアで開催されていた第27回PICES年次総会で、センタ...