センター概要

北極域研究センター(ARC-HU)とは

北極圏とその周辺域(北極域と呼びます)は、地球温暖化の影響をもっとも顕著に受ける地域の一つと言われています。事実、過去35年間で夏季の海氷面積が3分の2程度に減少する海氷後退が観察されています。こういった現象は、北極域の気候や生態系に影響を及ぼすだけではなく、水や大気の循環を通じて地球規模の変異を起こす可能性があります。一方で、資源開発の活発化や北極海の航路としての活用など、北極域の環境変動は、新たな利権を生み出す側面も持っています。したがって、北極域は、環境問題にとどまらず、政治や経済面での数多くの問題に直面している地域と言えます。
北極域研究センターでは、北海道大学の北極域研究に携わる研究者を、基礎自然科学から応用科学、人文社会科学まであらゆる分野から集約し、北極域の持続可能な活用と保全を目的として研究活動を行います。そのために、異分野連携による地球規模課題の解決に資する先端的・学際的研究を推進すると共に、萌芽的な基礎研究を実施します。国際的な異分野連携の円滑化を図るために、全学の北極域研究に関わる海外連携機関との交流を一元的に扱うと共に、リサーチ・アドミニストレーター(URA)による異分野連携を促進する機能を備えます。
また、国立極地研究所や海洋研究開発機構と協力して、実効性のある課題解決研究と人材育成を通して、「我が国の北極政策」(2015年10月16日発表)の実施にも貢献できる、日本における北極域研究のナショナルセンターとしての機能を有する組織を目指します。
センターのビジョンは、北極域の持続可能な開発・利用・保全の推進に寄与することで、次の3つのミッションを掲げています。
①北大の特色を生かした北極域のフィールド研究の推進と国際ネットワークの拡大
②異分野連携による超学際的北極域研究の創出
③社会・産業構造変革を創造するための産学官プラットフォームの構築

北大は北を目指す

北極域研究センター長
 齊藤誠一
北海道大学における北極域研究は、人工雪研究で有名な中谷宇吉郎教授のグリーランド氷冠研究(1957年-1960年)があげられます。さらに、中谷先生の指揮のもと、楠、樋口、六車の3氏によるカナダ北極海に置かれた氷島T3の観測があげられます。もう1つの北極域観測は、T3と同様に米国が行ったARLIS2と呼ばれる氷上キャンプに、楠氏を始め6名が参加した漂流観測があげられます。このように北海道大学は戦後いち早く北極域研究に着手しましたが、その後の南極ブームで人々の関心は南極研究へ向けられ、北極研究は継続されなった経緯があります。しかし、現在、中谷先生の精神を引き継いで、本学には数多くの自然科学分野から人文社会科学分野まで異分野にわたり北極域研究者が活躍しています。中谷先生の人工雪研究は低温科学研究所につながり、今ここに北極域研究の原点が、北極域研究センターへと引き継がれようとしています。北海道大学は日本で北端に位置する総合大学ですから、「北大は北を目指す」ことは自然な姿だと思っています。北極域研究を推進することを北大の旗印にしていきます。これからの北極域研究センターの発展を見守っていただき、皆様のご助言・応援をよろしくお願いします。

センター情報

センター名
北海道大学 北極域研究センター
センター長
齊藤誠一
住所
〒001-0021 札幌市北区北21条西11丁目
北キャンパス総合研究棟2号館(次世代物質生命科学研究棟)2階
電話
011-706-9074
FAX
011-706-9623
e-mail
arc_info@arc.hokudai.ac.jp

ニュース 過去の記事

  1. 詳細は以下のURLをご覧ください。
  2. PICES(北太平洋海洋研究機関)の季刊ニュースレターPICES Pressの2018年夏号に齊藤セ...
  3. 9/6(木)未明に発生した北海道胆振東部地震の影響で、当ホームページサーバーがダウンし、9/6(木)...